出産に伴うもの

これまでデリケートゾーンの臭いは特に気にならなかったのに年を取ってから急に気になるようなケースもあり、この部分に限ったことではなく体臭というのはホルモンのバランスや生活習慣などに左右されやすい場所になっています。
ホルモンのバランスが著しく乱れやすいタイミングになってくるのが出産になりますが、これは出産することによって切開することなどによって女性の性器の構造が一時的に変化してしまい、それに伴って体質変化することによってデリケートゾーンの臭いに繋がることがあります。
さらに清潔な環境を保っておかないとカンジダ症などを発症する可能性があり、このような病気も臭いを助長する原因になっているので注意する必要があります。
女性に多く分泌されているホルモンは女性ホルモンと呼ばれるホルモン物質になりますが、これは女性らしい体つきを作るホルモンと言われており、髪の毛に艶が出ることや肌に潤いをもたらせる効果などもあります。
しかし、出産をすることによって体質が一時的に変化すると男性ホルモンの働きが助長されることがあり、これによってデリケートゾーンの臭いが出る場合や他にも体毛が濃くなることや頭髪が薄くなるなど男性に現れやすい症状が出てくることもあります。
この場合は体質が元に戻ることによって状態も改善されることが多いのですが、元の状態に戻り切らないことによっていつまでもトラブルを抱えたままの状態になってしまっているケースもあります。

関連ページ

性器の構造によるもの
特徴からしても、男性より女性の方が不衛生になりやすいという特徴があり、しっかり洗浄していれば男性の方が臭いトラブルは少ないという特徴があります。
生理に伴うもの
理に伴う出血による直接的な臭いやナプキンを使用することによって汗などによって蒸れやすく、雑菌もたまりやすいようです。
おりものによるもの
おりものの色により、臭いレベルが高くなっているケースも少なくないのでケアを意識する必要があります。
わきがによるもの
わきがは遺伝的な要素も大きいので規則正しい生活習慣を心がけて日頃からしっかり運動をしている人であっても臭ってしまうこともあります。