生理に伴うもの

女性には生理と呼ばれる現象があり、このタイミングになるとデリケートゾーンの臭いが気になるという人もいますが、それ以外のタイミングであればあまり臭いが気にならない体質の人も少なくありません。
生理になってデリケートゾーンの臭いが気になる原因としては雑菌が増えることが理由としてあり、生理に伴う出血による直接的な臭いやナプキンを使用することによって汗などによって蒸れやすくなっていて、このような環境が細菌を増やすきっかけになっています。
この場合の対策方法としてはナプキンをできるだけ定期的に変えることが得策となっており、定期的に取り替えることによって蒸れてしまうのを防ぐことができるので結果として細菌の繁殖を抑制することができることに繋がります。
また、生理期間中はホルモンバランスも乱れやすくなっており、ナプキンを定期的に取り替えていても臭いが出てくるような場合はホルモンの乱れに伴って現れている可能性があります。
ホルモンのバランスが乱れることによってデリケートゾーンの臭いが強化される要因として考えられるのはアポクリン線の活発化で、この線は汗線で活発化することによってワキガになることもあります。
また、デリケートゾーンの臭いが気になってくるとそれがストレスに変換されることがあり、生理中というのはただでさえイライラしやすくなっているので、臭いに対するストレスとの相乗によってさらに臭いを悪化させてしまう可能性があります。

関連ページ

性器の構造によるもの
特徴からしても、男性より女性の方が不衛生になりやすいという特徴があり、しっかり洗浄していれば男性の方が臭いトラブルは少ないという特徴があります。
出産に伴うもの
年齢と共に体臭がきつくなる方もいらっしゃるようです。体臭というのはホルモンのバランスや生活習慣などに左右されやすい場所になっています。
おりものによるもの
おりものの色により、臭いレベルが高くなっているケースも少なくないのでケアを意識する必要があります。
わきがによるもの
わきがは遺伝的な要素も大きいので規則正しい生活習慣を心がけて日頃からしっかり運動をしている人であっても臭ってしまうこともあります。