臭いと関係している性感染症記事一覧

性感染症と呼ばれる病気は性器の周りに現れる病気ですが、その中でもクラミジアと呼ばれる性感染症は発症率が高いことでも知られており、日本だけでも100万人を超える患者がいると言われていて自覚症状がない人もいるので発症していることに気付いてない人もいます。クラミジアという病気はクラミジアの細菌が増殖することによって陰部に炎症を引き起こすというものですが、クラミジアの症状が進行してくると膿が出るようになり...

性感染症は性行為によって移ってしまう場合もあれば、それ以外で移るケースもありますが、いずれにしても感染して症状が悪化してくるとデリケートな部分に現れる症状ということもあって治療するには時間がかかってしまうのが普通です。女性の場合はおりものが変色してデリケートゾーンの臭いの元になることもあるので注意しなければなりませんが、いろいろある性感染症の中でも発症している人が多くデリケートゾーンの臭いの原因に...

デリケートゾーンの臭いが気になる場合や異変がある場合は性感染症に感染している可能性も疑われますが、特にデリケートゾーンの臭いがかなり強烈でなおかつおりものが黄色っぽく変色している場合はカンジダ症が疑われます。カンジダ症になるとおりものや臭いとなって顕著に症状が出てくるので大抵の人は自覚症状があるのが普通ですが、この病気はカンジダ菌と呼ばれる細菌が原因になって起こる病気であるため、治療を進めていく場...

性行為が原因となって感染する性感染症にはさまざまな病気がありますが、それぞれの病気によって治療方法は異なってくるので必ずデリケートゾーンの臭いが強烈になったり、おりものが黄色くなるなどの症状が見られる場合は早めに医療機関で検査を受ける必要があります。性感染症の治療方法は病気の原因になっている元に応じた治療が行なわれるのが一般的で、ヘルペスのようにウイルスが理由になって症状が起こっている場合は抗ウイ...

疥癬症と呼ばれる病気はダニが原因になることによって起こる病気で、一昔前の医療技術では完治するのが難しく、発症してしまうと長期にわたって疥癬の症状に悩まされることになりましたが、今は医療技術が進歩して医薬品による薬効も高くなったので治療することができます。ただし、疥癬症を放置していたような場合は炎症が進んでしまい医療機関で治療を受けてもなかなか改善しないこともあるので少しでもデリケートゾーンの臭いが...