ヘルペスとデリケートゾーンの臭い

性感染症は性行為によって移ってしまう場合もあれば、それ以外で移るケースもありますが、いずれにしても感染して症状が悪化してくるとデリケートな部分に現れる症状ということもあって治療するには時間がかかってしまうのが普通です。
女性の場合はおりものが変色してデリケートゾーンの臭いの元になることもあるので注意しなければなりませんが、いろいろある性感染症の中でも発症している人が多くデリケートゾーンの臭いの原因になることが多い病気にヘルペスがあります。
これは陰部に水泡などの症状が出てくるので症状からヘルペスを疑うことができますが、水泡がつぶれて中の水分が飛散するとさらにヘルペスによる症状が悪化していくので潰さないように気を付ける必要があります。
ヘルペスが膣内などに繁殖するようになるとクリームを使った治療などが難しくなってくるので抗ウイルス剤などを服用して体の内部からヘルペスを撃退する必要が出てきますが、繁殖能力も高いので改善するまでにはかなりの時間を費やしてしまう可能性があります。
また、ヘルペスに感染してしまうと性器の周辺に症状として現れるだけでなく他にも高熱が出るなど風邪のような症状が出てくることもあるので注意しなければなりません。
ヘルペスにかかった場合は皮膚科などの医療機関に通ってヘルペスの進行具合や体質などから合っている医薬品を処方してもらって服用して治療を進めていく流れになりますが、感染しやすいので性行為は控えるか避妊具を使う必要もあります。

関連ページ

クラミジアとデリケートゾーンの臭い
日本だけでも100万人を超える患者がいると言われているクラミジアは細菌が増殖することによって陰部に炎症を引き起こすというものです。
カンジダ症とデリケートゾーンの臭い
カンジダ症にかかってしまうと、臭いがかなり強烈でなおかつおりものが黄色っぽく変色しているようです。治療が必要となります。
トリコモナスとデリケートゾーンの臭い
病気により治療法はすべて異なりますが、トリコモナスはおりものが黄色くなるなどの症状が見られる場合は早めに医療機関で検査を受ける必要があります。
疥癬とデリケートゾーンの臭い
疥癬とはダニが原因となる病気で疥癬症を放置してしまうと炎症が進んでしまい医療機関で治療を受けてもなかなか改善しないこともあるようです。